国家資格から民間資格まで

人気の簿記や税理士資格

実用的な資格には、簿記、税理士、パソコン、語学など様々です。
簿記は仕事の募集要項にもよく見られる資格の一つです。
実戦的には簿記2級からが求められることが多いでしょう。
ある程度学校などで簿記について学んだのであれば、いきなり2級から挑戦すると費用も少なく取得でできます。
3級2級と段階を踏む場合が8万以上程なのでそれに比べて1万円前後は安く済みます。
 難易度の高い税理士の資格ですが、簿記の知識も役立ちます。
コースの種類は多く、どのコースが自分に合っているかわからないし、自分の現状も理解できない場合はWebで実力チェックなどもできますからまず現状を知って取得に一番見合ったコース選びをしていけばよいと思います。
時期によってキャンペーンがある場合などは利用すれば費用はかなり安くなります。
一般的費用は学ぶ科目ごとであったりしますが、通信講座でも10万以上30万未満程が必要になります。

パソコンや語学資格

一般事務であればExcelやWordの基本操作から簡単な関数程度で通用することも多いです。
まったく操作が分からない場合はスクールで初心者用が6万円、ある程度知識がある場合7万円、基礎から上級までトータル的学習で8万円、全て平均的大まかな費用になります。
実戦的経験が多いのであれば独学や一講座1000円などで受けられるものをお勧めします。
 語学資格は求められるものにTOEICがあります。
TOEICは国際的語学資格ですがあくまで民間資格です。
企業で求められるスコアは英語関連の仕事であれば750点以上が多く単に履歴書に書きたいだけなら600点からが有効とも言われます。
アプリやネットを利用してヒアリングに力を入れる独学でも、ある程度頑張れますがマンツーマンのスクールで900点目指すとなるとやはり30万弱は必要と考えられますね。